FIXFITタスキ(商品紹介)

TOHORacing山口辰也も愛用しているサポートインナー

山口辰也コメント
FIXFITタスキを使ってから、長時間のライディングで体の疲れが軽減出来ているのが走行後に改めて感じました。そして1000ccをライディングするとき腕上がりの症状に悩まされる事が多々ありましたが、タスキの腕回りのサポートでライディング中に悩むことが無くなりました。集中して最後までライディング出来るので、本当に素晴らしいインナーだと思います。

そのインナーは”コンプレッションインナー”ですか?

ご存知ですか?インナーパンツ、アンダーシャツには筋肉疲労を軽減・回復する機能が"あるもの"と"無いもの"が存在します。

ご存知ですか?インナーパンツ、アンダーシャツには筋肉疲労を軽減・回復する機能が"あるもの"と"無いもの"が存在します。

安いインナーは筋肉疲労を回復する"コンプレッション"加圧機能がついていないものがほとんどです。これからのインナーに求められるのは筋肉を効率よくサポートするキネシオカット搭載のコンプレッションインナーです。FIXFITは大腿四頭筋、薄筋、大腿筋膜張筋、前脛骨筋、L4-5、中殿筋を効率よくサポートして筋肉疲労を軽減・回復します。
「KINESIOLOGY (=運動機能学) 」体育及び物理療法に携わる全ての人たちに、その正常運動の基本的諸原理と応用を体系化しようとする学問を示します。「効率の良い身体運動」や、「痛んだ体の機能回復」を助ける学問とも言えます。キネシオカット理論、たるんだ皮膚を持ち上げて皮膚の下の筋肉を動かすことにより血流効果を促し、疲労感を軽減するメカニズム。FIXFIはキネシオカットテクノロジーを搭載しています。

※左写真は FIXFIT TASUKIを着用したイメージです。

効果1 : 筋肉の機能を正しく調整する。
筋肉にそったキネシオカットラインで血流を向上。疲れた筋肉を適正な可動範囲で動かし、筋肉の緊張を和らげます。
効果2 : 関節の負担を軽減。
疲労から筋肉バランスが崩れ、関節への負担が増加します。FIXFITは素材伸縮の違いを利用し、部位にあわせた適圧で負担を軽減します。
効果3 : 部位にあわせたマッサージ効果。
皮膚表面にあたる素材の摩擦抵抗を替える事により、部分的なマッサージ効果が発生し、血行促進などの効果が期待できます。
効果4 : 筋肉疲労を軽減。
適圧で全体を締め付けるサポート機能から、筋肉のブレを抑えることにより筋肉疲労を軽減する効果が期待できます。
効果5 : 当たりを軽減する。
縫製箇所を極限まで少なくした接着技術は、肌面への当たりを軽減し、肌へのストレスを大幅に軽減しました。
効果6 : 過度の圧迫を軽減する。
縫製箇所の伸縮差が生じにくいため、スムーズでバランスのとれた適正な圧力で筋肉と筋を安定にサポートします。
効果7 : ヒザ中心のズレにくいサポート構造。
ヒザの動きをスムーズにするズレにくいサポート構造。疲労回復を助けながら身体の正常化を効率良く促進します。
効果8 : 身体バランスの向上で快適性の持続。
長時間の運動を快適にする、適正なホールド力と人間の身体バランスに沿ったカッティングラインでに気持ちよく着用ができます。

長時間の運動を快適にする、適正なホールド力と人間の身体バランスに沿ったカッティングラインでに気持ちよく着用ができます。

「キネシオカット」疲労治癒を助ける人体運動機能学

キネシオロジー理論「伸した状態」でテープを張る。たるんだ皮膚を持ち上げて皮膚の下の筋肉を動かすことにより血流効果を促し、疲労感を軽減するメカニズム。FIXFITはキネシオカットを搭載しています。キネシオとは「KINESIOLOGY (=運動機能学) 」からきた言葉で、体育及び物理療法に携わる人たちに、その正常運動の基本的諸原理と応用を体系化しようとする学問を示します。「効率の良い身体運動」や、「痛んだ体の機能回復」を助ける学問とも言えます。

「キネシオカット」とスポーツテープの違い

従来より使用されている「スポーツテープ」では、稼動範囲に合わせてテーピングで固定することにより、ズレを抑制し、スムーズな稼動を手助けしておりましたが、専門的な知識と技術が必要である為、誰でも簡単にその効果を体感することが難しいとされていました。「キネシオカット」では、体の主要な部位に伸縮性の違いがある素材を縫い合わせ、または貼り合せる事により、専門的な知識がなくとも、簡単な着用により効果が得られることを目的として開発されました。

「ハイグレーダー」で寒いときは発熱、熱いときは冷却

運動時の発汗に反応して発熱と冷却をする「ハイグレーター」は吸湿時に発熱し、放湿時にクールダウンする効果をもつ特殊パウダーを使用した機能素材です。「ハイグレーター」の繊維に練り込まれた特殊パウダーは、非常に高い吸放湿性能を持っており、体から出る少量の汗の湿気で発熱、運動を続けて発汗量が増えると、湿度を放出して冷却します。湿気に反応し、発熱&冷却により衣類内の温度・湿度をコントロールするので、蒸れからくる冷えやべたつきを解消します。特殊パウダーの吸収・放出力により消臭効果にも優れています。

抗菌・消臭効果、phコントロールで快適サポート

汗を吸い込むハイグレーターは身体からの臭いにも「積極的に吸い込む」特性があります。それは活性炭などに見られる「匂いをため込む」方式ではなく、科学的な分解による「消臭機能」で不快な匂いを抑える事ができます。また抗菌効果もあるので菌が発生する悪臭を抑える効果もあります。さらに健康的な肌と同じ「弱酸性領域を繊維が保守する能力(phコントロール機能)」や、冬場によくおこるパチパチとした静電気を抑える「制電効果」もございます。

1.僧帽筋ライン
首から肩、背中にかけて広がる筋で背中部分は肩甲骨を安定させる重要なキネシオカットライン。野球や投擲など過度のスローイング動作により痛め易い部分です。
      
2.大円筋ライン
肩甲骨の下部から上腕の付け根に向かって伸びている背面の筋肉の一つで、投球動作、水泳のバタフライなど上腕の 内旋、内転、伸展に機能するカットライン。この筋が痛むと上腕の動きが困難になります。
      
3.前鋸筋ライン
肩甲骨の外転及び上方回旋をつかさどる筋肉。肩甲骨を前に押し出す(ボクシングのパンチを打つ、野球のスローイングなど)動作に重要な筋肉です。また、動作だけの筋肉ではなく、「呼吸筋」の働きも持っています。
      
4.菱形筋ライン
肩甲骨の内転及び下方回旋をつかさどる筋肉。懸垂運動時ぶら下がった状態では肩甲骨は上方回旋した状態であるが懸垂を始めることで、下方回旋させながら脊柱に向かって引っ張る働きをする。上方回旋している場合、菱形筋付近に痛みを感じる場合もあるが、抵抗運動などでしっかり筋肉を動かすことで痛みを軽減することが出来る。
      
5.上腕三頭筋ライン
上腕の後面にあり、上腕二頭筋の反対側に位置します。三つの筋頭(長頭、外側頭、内側頭)に分かれ肘関節、肩関節の伸展に欠かせない重要なキネシオカットラインです。野球、テニス、ゴルフなど、肘を伸ばしたり、押し出したりする動作の多いスポーツで痛め易い筋です。